富岡市議会議員の情報発信能力

営業をしていると街の情報が割と入ってくるのですが、そろそろ出始めているのが、選挙後の「あの人どうなんだ話」、当選した人も残念だった人も、選挙後の様子を市民はちゃんと見ていますよ~。

でっっ、そんな議員活動や街の問題を議員さん達は市民に報告する義務があると思うのですが、皆さんどうなんでしょう?

一番良いのは地域の住民や支持者に会って報告することでしょうが、これはお金も時間もかかって大変です。また、不特定多数の人には声が届きません。

そこで印刷物や会合よりもお金も時間もかからない、不特定多数が情報を得られるツールとして最近ではHPやブログが国会議員などにも定着しているようなのですが、これが酷い有り様なのです。

・茂原正秀さん http://moharamasahide.com/

・矢野まさひとさん http://golf72.blog.so-net.ne.jp/

何が酷いってこの方達だけなんです。

選挙前も後も間隔を開けずに情報を更新している議員さんは!!

信じられますか?21名の市議会議員のうち、活動報告を継続的にネットで発信しているのはたった2名・・・。

ネットを使わなくても他に支持者へ活動報告する手段を持っているならそれで良いわけですが、これが富岡の現状だと思うと悲しくなります・・・。

今回の震災で、最も情報伝達力が最も高かったはインターネットでした。

日ごろから情報発信をするツールを使いこなしておくのも危機管理といえるのではないでしょうか?

今回当選した新人議員の皆さん!
新しい風を吹き込んでくれることを期待しています。

大助かり。被災設備を洗って直す

東京海上日動が出資して設立した会社が、企業の復旧に尽力しています。

*ベルフォアジャパン*

火災や災害などの時に消化剤や水がかかったりして使えなくなった工場を復旧するには、大きなコストと時間がかかります。

通常だと部品交換や買い直しになる機械を『丸洗い』するベルフォアのサービスを利用すれば、

新品に交換するよりも3分の1のコストで、とにかくスピーディに復旧が出来ることをご存じでしょうか?

先日テレビ東京で特集されたこの企業が今注目されています。

http://www.tv-tokyo.co.jp/nms/features/post_2371.html

番組では、宮城県塩竃市の老舗造り酒屋が海水に浸かり煮崩れした3万本のお酒を廃棄処分し、水没し錆始めていた冷蔵庫の室外機を『丸洗い』して、わずか5日間で修理した例などを紹介しています。

精密機械を丸洗いする特殊技術を持つベルフォア!

東京海上日動としては火災時の復旧を目的としていましたが、お客様に喜んで頂けるサービスを提供できたのは日頃からサービス強化に努めてきた結果に違いありません。

頑張れ!ベルフォアジャパン