蕎麦屋にて

西富岡駅のすぐ脇に、もう何十年も前から変わらぬ佇まいで営業している老舗の蕎麦屋さんがある。

ウチの親父が富岡で一番という『おおてや』さんは、外回りの営業にこよなく愛され、昼時は相席あたりまえ。

銀行マンや営業達のチョットした社交場と化す、男達の店だ。

今日は午前中から暑くて暑くて、普段ならラーメンやパスタというところだが、自然と足が向いてしまった。

“蕎麦屋にて” の続きを読む