放射能測定その2 ガイガーFUKUSHIMAやるじゃん

昨日は家の内外だけでしたので、散歩がてら子供たちと近所の小学校へ測定に行ってきました。

富岡市の直近調査で校庭は0.09マイクロシーベルト/1時間(μSv/h)と言う発表だったのですが、さてガイガーFUKUSHIMAではどうでしょう。

調査方法は昨日同様地面に置いての測定で、測定時間は自動(120秒の測定を繰り返す)に設定、5分ほど放置した後に累積を確認しています。(後日直接置くのは放射性物質が付着するので良くないことを知る・・公仁さんご忠告有難うございます)

 

結果は

校庭:0.11μSv/h 枯葉体積地:0.14μSv/h 校舎脇の溝:0.26μSv/h

おおっ、直置きで0.11ならほぼ行政の調査結果と同じと言っていいんじゃないでしょうか?

枯葉の上はもっと上がると思ったのですが、それほどでも無いことがわかり一安心(0.14で安心と言っていいのか??)、側溝は予想通り高いですね。はじめは0.30から0.35μSv/hを行ったり来たりしていたのです徐々に下がりこの数字になりました。

これでわかったことは、 “放射能測定その2 ガイガーFUKUSHIMAやるじゃん” の続きを読む