富岡市にスケートボードパークを!

2016年8月3日、スケートボードが東京オリンピックの追加競技に決まりました。

最近子供がスケボーを始めた我が家にとってはワクワクするニュースでしたが、取り上げ方は野球などに比べて非常に小さく、また、競技内容もよくわからないような説明をサラッとするだけの為、IOCの評価に比べ日本ではあまり関心がないスポーツなんだろうな~と寂しく感じています。

 

皆さんスケボーにどんな印象をお持ちですか?

ウチのおじいちゃんおばあちゃんは、あんまりいいイメージはないみたいです。

かく言う私も以前は「不良っぽい」「ルールを守らない」「うるさい」「危険」なんてイメージを持っていました。

 

まあ、今でも『危険』や『うるさい』はあるんですが、それでもどうやったらケガを最小限に防げるのか、静かに滑る方法を知り、殆どのネガティブイメージが誤りだった、もしくは一部だけを見た誤解だったと今では思っていて、スケボー大好きになりました。

もしあなたが以前の私のようにネガティブなイメージをお持ちだったら、それはとてもとても勿体ない!

 

スケボーは、大人から子供まで誰もが手軽に楽しめるスポーツで、ちゃんと整備されたスケートパークさえあれば、ルールを守って気持ちよくスイスイ乗れる爽快な乗り物です。

ファッションもオシャレで、不良?身勝手?全然そんなことありません。

パークではみんな順番を待つし、他の人に当たらないように周囲に気を配っています。

下の動画は群馬県内にいるオリンピック候補の卵達

 

お年寄りだけでなく職場のスタッフもスケボーに関心がなく、ネガティブイメージしかもっていませんでした。

なんてこった!

県内には世界を夢見る小中学生プロが何人もいるというのに、富岡では皆さんに関心を持たれず、間違ったイメージを持たれている。

大変残念なことですが、一番の原因は富岡市にスケボーが安心して楽しめる場所がない事で、これにより経験者は増えず、滑走禁止の場所で滑らざるを得ない一部のスケーターが目についてしまうのではないでしょうか?

image←この画像は富岡市北部にある公園の遊水池。

バスケットコートで滑っていた人たちが、その場を追われひっそりとここへ引っ越しましたが、やっぱり入場禁止となっています。

*でも先日市議会議員さんと話していてパークのことを聞いたら「北部にあるよね」と軽く答えてくれました。黙認してるって事でしょうか??

 

滑る場所がないから公園等で滑る⇒観た人は自ら滑った経験がないから危険な行為に思えてしまう⇒危なそうだから禁止される⇒人のいない時間に公園で滑る⇒ルールを守らないと思われる⇒ネガティブイメージばかり増える

こんな悪循環はそろそろ見直す時です!

『スケートボードパークなんて必要ない』『税金の無駄』なんて声も聞こえて来そうですが、

実は、富岡周辺の市には大抵無料のスケートボードパークがあるんですよ。

安中米山公園、吉井町、伊勢崎市、佐久市などなど、(前橋は有料)

image ←伊勢崎市三室西公園スケートボード場

佐久ミレニアムパーク ←佐久ミレニアムパーク

逆に聞きたい。何で富岡にはないの??

街中や公園で勝手に滑ることを禁ずるなら、代わりの場所を用意すべきです。

知らんぷりではなく、この機会にスケボーに関心を寄せていただき、せめて環境を整えてあげてほしいのです。

富岡にスケートボードパークを!!

市長さん、市議会議員のみなさん、ぜひご検討ください!

富岡市の穴場スポット「神田水道橋」

富岡市民が教える穴場スポット1

富岡製糸場のおかげで観光客も増えたので、富岡製糸場周辺の穴場癒しスポットをご紹介いたします。
ここは富岡市内と高瀬地区を繋ぐ神田水道橋。
歩行者用ですから通行量も少なく、もっぱら周辺住民の散歩コースになっています。
撮影に行ったら川岸から生える木々が大きくなっていって、肝心の製糸場がよく見えませんでしたが、川岸からの景観対策にも少し予算を回していただくと、ちょうどいい散策コースになるのではないかと考えております。
かつては鏑側へ荷を下ろし生糸を運んだはずですので、そんな歴史的アプローチも面白いのではないでしょうか?

富岡市の議会基本条例を読み解く!

富岡市議会が1年がかりで取り組んできた議会改革ですが、ようやく平成25年3月21日議会定例会本会議において「富岡市議会基本条例」が制定されました。

イメージとしては平成22年に一般市民から出された「政治倫理条例案」を基に当時反対した市議会議員達の意見も加えて造り上げたものという認識でしたが、情報公開されている資料を読むと必ずしもそればかりではなく、議会を中心としたまさしく「議会基本条例」に仕上がっていました。

中身はそれほど難しくありません、なかなか面白い内容なので解説してみたいと思います。

→議会基本条例(本文はこちら)

 

まずは第1条でこの条例が市議会議員の最高規範であると宣言

2条からは4条は議会の役割とあり方について、「議員を監視評価しなければならない」「積極的な情報公開」「機能強化」「自由な議論討論の推進」と行った具合

 議員についての規定は第5条から書かれています。 “富岡市の議会基本条例を読み解く!” の続きを読む

蕎麦屋にて

西富岡駅のすぐ脇に、もう何十年も前から変わらぬ佇まいで営業している老舗の蕎麦屋さんがある。

ウチの親父が富岡で一番という『おおてや』さんは、外回りの営業にこよなく愛され、昼時は相席あたりまえ。

銀行マンや営業達のチョットした社交場と化す、男達の店だ。

今日は午前中から暑くて暑くて、普段ならラーメンやパスタというところだが、自然と足が向いてしまった。

“蕎麦屋にて” の続きを読む

放射能測定その2 ガイガーFUKUSHIMAやるじゃん

昨日は家の内外だけでしたので、散歩がてら子供たちと近所の小学校へ測定に行ってきました。

富岡市の直近調査で校庭は0.09マイクロシーベルト/1時間(μSv/h)と言う発表だったのですが、さてガイガーFUKUSHIMAではどうでしょう。

調査方法は昨日同様地面に置いての測定で、測定時間は自動(120秒の測定を繰り返す)に設定、5分ほど放置した後に累積を確認しています。(後日直接置くのは放射性物質が付着するので良くないことを知る・・公仁さんご忠告有難うございます)

 

結果は

校庭:0.11μSv/h 枯葉体積地:0.14μSv/h 校舎脇の溝:0.26μSv/h

おおっ、直置きで0.11ならほぼ行政の調査結果と同じと言っていいんじゃないでしょうか?

枯葉の上はもっと上がると思ったのですが、それほどでも無いことがわかり一安心(0.14で安心と言っていいのか??)、側溝は予想通り高いですね。はじめは0.30から0.35μSv/hを行ったり来たりしていたのです徐々に下がりこの数字になりました。

これでわかったことは、 “放射能測定その2 ガイガーFUKUSHIMAやるじゃん” の続きを読む

富岡の教育長問題その3

富岡市教育長が政治団体役員を務めるという法律違反に対して新しい動きがあったと新聞各社が報じました。

富岡市の宮前有光教育長が地方教育行政法で禁じられた政治団体役員を務めていた問題で、岡野光利市長は14日の市議会臨時議会で、提案予定だった宮前教育長の罷免議案を撤回する考えを明らかにした。
岡野市長は臨時会冒頭、市教育委員から罷免議案の撤回要請があったことを明かし、「(委員の)意向をくんで今後の解決を教育委員会に委ねたい」と撤回理由を説明した。
一方、宮前教育長は記者会見で「市民と関係者に迷惑をかけた。おわびしたい」と陳謝。その上で「今後も全力で教育行政に取り組んでいきたい」と述べ、辞任しない考えを表明した。【15日産経新聞】

あれれ?つまり市長は自分では何もしない事にしたのですね。

でも法律違反があったんですよ。なのに裁判所ではなく教育委員会に丸投げはないのではないでしょうか?

教育委員会が公務員を罷免する人事権(になるのかな?)を持つなんて、聞いたことがありません。(いや、教育委員会が決めたら市長が罷免するのか、でも今回の相手はその教育長ですよね)
なんだか無茶苦茶です。。

新聞記事だけではこの辺りの法的整理がどう行われるのか、また一度提出すると決めた罷免議案を撤回するに至った経緯に納得感が無く、なんだか重要なポイントが分かりませんが、こうなると教育長の方が腹が据わっていて、市長が何らかの決断を誤った(もしくは不利なことがあった)ような印象を外野は受けます。。
実態はどうだったのか、年末年始は市議会議員の皆さんにお会いする機会が増えるので聞いてみたいと思います。

 

ちなみに、これがOKということになると、富岡市では公務員の色々な違反がなし崩しにOKになってしまいますね。

まずは市議会議員や市長が役員を務める会社が市の仕事を請け負うとかね。

あっっ、だから市議会議員さんたちもOKしたのか!

とか言われる前に、どなたか説明して下さい。

 

*これまでの経緯は
富岡市教育長が法抵触
富岡市の教育長問題その2をご覧下さい。

富岡の教育長問題その2

先日取り上げた教育長の政治活動問題ですが、10月25日の読売朝刊に『富岡市長が辞任要求』と言う記事が掲載されました。

記事によると岡野光利富岡市長は2度にわたり辞任を要求したものの宮前教育長はこれを拒否しているそうです。

市長は辞任要求に応じない場合は市議会議員と相談して罷免もあると述べたそうなので、いずれにしても富岡の教育長は交代することになるようですが、大事なポストなので極力空白が出来ないように、市長は後任人事を急いで欲しいと思います。

それにしても、辞任と罷免じゃもの凄く内容が違うので(体裁も、退職金の有る無しも、)、あまりもめないうちに辞任なさった方が良いんじゃないかと思うのですが・・・?

先日のブログ 富岡の教育長が法抵触

富岡市教育長が法抵触

富岡のニュースが流れると残念なニュースで有ることが多いこの頃ですが、昨日の定例議会で長沼今朝男市議が、富岡市教育長が法律に抵触していることを指摘しました。

 富岡市の宮前有光教育長(66)が4月まで、地方教育行政法で禁じられた政治団体役員を務めていたことが21日、分かった。同日の市議会一般質問で、宮前教育長が長沼今朝男市議の質問に答えた。

答弁などによると、宮前教育長は平成21年4月~今年4月、司法書士でつくる政治団体「日本司法書士政治連盟」副会長を務めていた。同法では、教育長を含む教育委員は、政党や政治的団体の役員として政治運動を行うことを禁じている。

宮前教育長は産経新聞の取材に対し、「実際に政治活動に関わったことはなかった」と述べた。(2011.9.22産経新聞より)

ここでの重要なポイントはいくつかあると思うのですが、先ずは法律に抵触していた事実があった点、そして教育長が現役の司法書士という法律家である点、市の担当者が何年にもわたり気が付かなかった問題を数ヶ月前に市議になったばかりの新人議員に指摘されてしまった点、さらに市議は一般質問ではこの法律に関して知っているかを先に質問をし、市長は『法律は知っているが詳しい内容は理解しているわけではない』と答弁したのに対し教育長は『承知しております』と答弁しており、理解していたのに政治団体の副会長をしていたことを詰められてしまった点でしょう。

産経新聞の取材では政治活動に関わったことはないと述べたそうですが、実際に活動しなくても(いわゆる当て職)それは通りません。

うーん、この方、私の同級生のお父さんでして、彼(同級生)はとてもいい人物なので非常に残念なのですが、法律家としてまた教育関係者として後輩の手本になるような潔さを見せるべきでしょう。

 

ちなみにこの質問の後、議会は議員協議のため長時間中断となりました。(30余年ぶりだそうです)

前市長が任命した教育長なのですが、それをそのまま継続させた現市長に任命責任は発生するのでしょうか??

不祥事続きの富岡市!

おーい。しっかりしてくれよー!

 

富岡の事業仕分けを考える

富岡市では政府の事業仕分けに習って富岡市の無駄を仕分けする作業を行っている。

この活動は概ね歓迎できるもので、無駄を省くことはあらゆる物が減少する時代の必須条件だろう。

しかし、この仕分け対象として、無駄とは言えない物が含まれていて、明確なビジョンの無いまま一義的な損得だけで切り捨てられる事があったら、それは富岡にとって大きなマイナスに他ならない。

国の事業仕分けでも、「2番じゃダメなのですか?」というセリフで話題になったスーパーコンピューターが、先日2位の中国を大きく引き離した処理速度で世界一に返り咲いたことは記憶に新しく、まさに「投資すべき物にはしっかり投資する」「損得の判断は決算書で行わない」事がいかに重要なのかを著すエピソードだと思うが、多くの場合一度張られたムダのレッテルを挽回することは難しい。

そんな事を危惧しながら注目していたが、22年度の結果は「見直し」「一部見直し」が多く「民間」が2件。

驚くべき事に「廃止」は無かった。

これはデキレースではないか?

初めから見直しが必要を思われる案件や損失が多くて風当たりの強い物だけを選出したに過ぎず、議会で行えば良かった物を「仕分け」パフォーマンスに乗っかっただけに思える。

見直し、一部見直しも運営方法や体制に関する意見が多く、そもそもこれまで行政がちゃんと指導してこなかったことを露呈したにすぎない。

一方で良かった点は、市民の意見を行政の予算配分や事業に反映させるという点で、これは非常に評価できる。

市議会議員は益々存在価値が無くなるので、真っ先にここを仕分けすれば、市長の評価はうなぎ登りだろう。

猛暑による陽炎だろうか?

市長と民主党が重なって見える。