チベット一人旅

長年の夢だったチベット(ラサ)への一人旅を実現し、持ち物、旅の準備について、あまりにも情報が少ないのでこれから渡航する方の参考になればと思い個人的な雑感を記します。

渡航時期 2018年6月28日から7月2日
旅行会社 Explore Tibet

①先ずは旅行会社選びから

海外旅行は比較的慣れている方だと思っていたのですが、ラサへの旅行は規制が多く想像以上に大変でした。

最大のポイントは旅行会社を通さないと入蔵できない事で、日本人向けの旅行会社は軒並み高額で中国のリアルな価格を知っている私としてはどうにも納得がいかない!

そんな中色々調べて利用したのがエクスプローラ チベットという会社でした。

価格は時期や日数によって異なるのでリンクから確認してして下さい。英語ができれば半額で渡航できます。

一番先が旅行会社と言うのは、送迎やツアーの開催日程を確認してから航空券や成都でのスケジュールを決めた方が効率が良いからで、私はこれにより余計な出費や苦労をしました。

また、入蔵許可書の取り方も気を付けなくてはなりません。

許可書には訪問予定の寺院名等が記載されますので、ツアーコースに入っていない場所はあらかじめ旅行会社に相談しておかないと、後で追加できません。

日本語ガイドは高額ですが、それなりのメリットもありますので、まずは自分の希望をすべて出し、その希望に合ったツアーを安く提供してくれる会社を選ぶことが重要だと思われます。

②日程は焦らず余裕を持って決めよう。

通常だと日程ありきだと思いますが、チベットの場合は旅行会社の次に日程です。

成都から直行便で入蔵する場合はパーミッションの受け渡しが有りますので成都に一泊するのがオススメです。

私は深夜に着いて早朝出る便を選びましたが、空港内のベンチは早い者勝ちですし、一人で3-4席占領して横になっている中国人の中にいるのは、精神的にも体力的にしんどいのと、成都のホテルが安い事、成都からラサへの飛行機が5時間もディレイした事で、色々無駄になってしまったので、皆さんには絶対1泊をオススメします!

ちなみにラサの主要観光地は2泊3日でも回りきれます。

③ベストシーズン

チベット人ガイド曰く、ベストシーズンは秋だそうです。

私は夏渡航しましたが、日中は青空も見えるものの、クリアなヒマラヤの稜線が見えないのは残念でした。

雨季が終わった頃が山の色も、乾燥度合いも色々過ごしやすいみたいです。

④役立つ持ち物(夏の場合)

・日中は半袖で過ごし、朝と夜だけ雨が降った為、長袖を着ました。

・長袖は夏場に冷房の効いた場所で何か羽織る程度のものでOK

・雨対策は薄手で防水の効いたウインドブレーカーとカバンに入る折り畳み傘がとても役に立ちました。

・石畳の道が多く、雨が降ると水たまりが深くなりますので、ソールがしっかりしていて防水が効いたスニーカーやトレッキングシューズがおススメです。

・帽子は陽射しが強いのであった方が良いと思いますが、寺院内は脱帽なので、大き過ぎる帽子は荷物になります。

・日焼けどめは必須です。UVカットのリップクリームも持っていきましょう。

・トイレ環境が悪い場所があります。ラサ空港でも紙が無いので、トイレ用にティッシュを多めに持つか、トイレットペーパーを一本常備すると良いです。

携帯のカメラのみ撮影可能な場所があります。携帯カメラ用の望遠レンズなどが役に立つかも知れません。

・鼻呼吸テープ(ブリーズライトとか)

・洗濯紐と洗濯ばさみ(靴下が濡れたため、部屋で洗った。)

⑤不要だったもの

夏のラサで不要だったものは

・サングラス

・防寒具

⑥高山病対策

幸いなことに私は高山病にはなりませんでしたが、到着した日は非常に息苦しくて不安を感じました。

先ずは体力作りが一番大切だと思います。マスクを付けてランニングするとか、長い階段を登り降りするなど基礎体力をつけておくと現地で差が出ます。

念のため予防薬のダイアモックスをかかりつけ医に処方してもらい飲んでいました。

また、就寝時には鼻呼吸テープをして寝ました。(これがとても良かった)

携帯酸素ボンベはホテルでもスーパーでも購入できます。初日は高地順応の為にも部屋に1本置いておくと良いと思いますが、私の場合吸ったのは2日目の夜までで、3日目からは不要になりました。

何種類かありますが、これはホテルでもドラッグストアでも1本35元でした。

 

⑦ラサの歩き方

・タクシーは基本乗合で10元一律(他のお客さんが居ないとメーターを動かしますが、高くてもラサ市内は15元程度でした)

・リキシャはタクシーより高く、1kmで15~20元位 乗る前に価格交渉して下さい。(50元とか平気で吹っかけてきます)

・お土産の価格は寺院内の売店で定価を見ると参考になります。同じものは何処でも購入できますので、同じものなら寺院内が思い出になるかな?意外なことに外と価格はほぼ同じか寺院内の方が安かったりします。何れにしても買い急ぐ必要はありません。

・ラサ市内を昼間一人歩きしても全く問題ありませんでした。(ラサ市内の数カ所に手荷物チェック有り。主要観光地、寺院のみパーミッションをチェック)

・ラサのローカル茶店では皆さんバター茶ではなくチャイを飲んでいます。ラサでは主に朝飲むだけになっているようで、チベット料理店でも観光客のあまり行かない店にはバター茶がありませんでした。

 

・有名寺院内は基本撮影禁止です。昔は撮れたようですが、今はだめです。

どうしても寺院内を撮影したい場合は、小さな寺院へ行けば撮影できる場所も有ります。

 ここはジョンカン近くの仓姑寺(尼寺)

・ポタラのライトアップは、22時までに行かないとポタラ宮前広場脇の丘に上がれません。
高地である事と時差が実際のズレと異なっていて、私の行った日は20時過ぎてもまだ明るく、夕景のいい写真が撮れました。ただ、場所取りが凄いので気合を入れていきましょう!

みなさん良い旅を!

富岡市にスケートボードパークを!

2016年8月3日、スケートボードが東京オリンピックの追加競技に決まりました。

最近子供がスケボーを始めた我が家にとってはワクワクするニュースでしたが、取り上げ方は野球などに比べて非常に小さく、また、競技内容もよくわからないような説明をサラッとするだけの為、IOCの評価に比べ日本ではあまり関心がないスポーツなんだろうな~と寂しく感じています。

 

皆さんスケボーにどんな印象をお持ちですか?

ウチのおじいちゃんおばあちゃんは、あんまりいいイメージはないみたいです。

かく言う私も以前は「不良っぽい」「ルールを守らない」「うるさい」「危険」なんてイメージを持っていました。

 

まあ、今でも『危険』や『うるさい』はあるんですが、それでもどうやったらケガを最小限に防げるのか、静かに滑る方法を知り、殆どのネガティブイメージが誤りだった、もしくは一部だけを見た誤解だったと今では思っていて、スケボー大好きになりました。

もしあなたが以前の私のようにネガティブなイメージをお持ちだったら、それはとてもとても勿体ない!

 

スケボーは、大人から子供まで誰もが手軽に楽しめるスポーツで、ちゃんと整備されたスケートパークさえあれば、ルールを守って気持ちよくスイスイ乗れる爽快な乗り物です。

ファッションもオシャレで、不良?身勝手?全然そんなことありません。

パークではみんな順番を待つし、他の人に当たらないように周囲に気を配っています。

下の動画は群馬県内にいるオリンピック候補の卵達

 

お年寄りだけでなく職場のスタッフもスケボーに関心がなく、ネガティブイメージしかもっていませんでした。

なんてこった!

県内には世界を夢見る小中学生プロが何人もいるというのに、富岡では皆さんに関心を持たれず、間違ったイメージを持たれている。

大変残念なことですが、一番の原因は富岡市にスケボーが安心して楽しめる場所がない事で、これにより経験者は増えず、滑走禁止の場所で滑らざるを得ない一部のスケーターが目についてしまうのではないでしょうか?

image←この画像は富岡市北部にある公園の遊水池。

バスケットコートで滑っていた人たちが、その場を追われひっそりとここへ引っ越しましたが、やっぱり入場禁止となっています。

*でも先日市議会議員さんと話していてパークのことを聞いたら「北部にあるよね」と軽く答えてくれました。黙認してるって事でしょうか??

 

滑る場所がないから公園等で滑る⇒観た人は自ら滑った経験がないから危険な行為に思えてしまう⇒危なそうだから禁止される⇒人のいない時間に公園で滑る⇒ルールを守らないと思われる⇒ネガティブイメージばかり増える

こんな悪循環はそろそろ見直す時です!

『スケートボードパークなんて必要ない』『税金の無駄』なんて声も聞こえて来そうですが、

実は、富岡周辺の市には大抵無料のスケートボードパークがあるんですよ。

安中米山公園、吉井町、伊勢崎市、佐久市などなど、(前橋は有料)

image ←伊勢崎市三室西公園スケートボード場

佐久ミレニアムパーク ←佐久ミレニアムパーク

逆に聞きたい。何で富岡にはないの??

街中や公園で勝手に滑ることを禁ずるなら、代わりの場所を用意すべきです。

知らんぷりではなく、この機会にスケボーに関心を寄せていただき、せめて環境を整えてあげてほしいのです。

富岡にスケートボードパークを!!

市長さん、市議会議員のみなさん、ぜひご検討ください!

ウニッコ柄のグルミットを造ってみた

2ヶ月程前、香港に住む知人がインスタにUPした1枚の写真に衝撃を受けた!『マリメッコ犬!』って子供が好きなイギリスのクレイアニメ『ウォレスとグルミット』のグルミットじゃないですか!?

image

これは欲しい!とすぐにメールしたところチャリティオークション用で1mもある大きなものであることが判明、この他にも沢山あるけれどどれも落札価格は200万円以上!!とても手が出ないよ〜。

イギリスなら20cmくらいの小型のものが売っているんですが、ウニッコ柄はありません。

えーい、無いなら造ってしまえ!

と言う訳で、ウニッコ柄のグルミットを自作してみました。

フィギュア制作は初の試みで、安易に紙粘土細工感覚でスタートしたのがマズかった。

子供の頃に使っていたような重くて固くなる紙粘土って最近はあまり売っていなくて、ふわふわした軽いもので造って失敗。

乾燥したら縮むし歪むし全く求めていたクオリティに近づけません。

それではと固いものをネットで探して購入→また失敗。

きめが粗くて毛羽立つし、割れと歪みが・・。

調べてみるとフィギュア作家の皆さんは『石膏粘土』というものを使う事が判明。何種類かある中で入手が簡単だったバジコというメーカーの『プレミックス』を購入し、ようやくスタートラインに着いたのでした。

 

①先ずは手本を採寸

image

②パーツごとに図面を書いて、芯をアルミ線で造ります。
パーツが大きい時は発泡スチロール芯にアルミ線を巻きました。

image

③芯に粘土を盛る。

粘土は初めから厚くせず芯を隠す程度にしておくと歪まないし修正が楽なような気がします。

image

④修正

乾燥した粘土の修正はカッターとサンドペーパー。この粘土の素晴らしいのはカッターでガンガン切れる!削りカスを集めて水を加えると再生利用できること!ほとんど無駄にならないし、粘土を足す時の食いつきもよく何度でもやり直せます。

⑤接合

乾燥→修正→盛り→乾燥を何度も繰り返し、ほぼ完璧な状態にしたら各部を繋げます。接合部に芯穴を開けて接着面に水をつけ、削りかすを融いたペーストを糊代わりして接着。

image image image image

接合部の段差をならして全体にペーパーをかけたら、凄くいい!

もうこれで完成にしちゃおうかってくらい、いい感じ!(と自画自賛)ここまで苦労したもんなー。

⑥コーティング

塗装に入る前に石膏の表面をコーティングします。

クロスクレイという液状粘土に15%ほどボンドを加えて塗ると、一旦ザラザラになりますが、乾いた後で磨くと小傷が埋って表面のキメが整い固く水に溶けづらくなりました。

image

⑦塗装

いよいよアクリルガッシュで色塗りをします。

ベースも真っ白だし、白を塗る必要は無いみたいだったけど、ペーパーのかけ過ぎで一部石膏粘土が出て来ちゃったので、全体を先ずは真っ白にペイントしました。

白は気楽にぬれましたが、それ以外は下絵も無い一発勝負なので緊張するな〜。

image image

⑧ニス塗り

image 塗付前

マットな感じも良かったのですが、マリメッコのマグカップと揃えたかったので石膏用の厚塗りニスを塗りったら完成です!

image2度塗り後

なんだかんだで2ヶ月も掛かりましたが 大!大!満足!

image

いやー楽しかった。

 

欲しい人(がいるかどうか分かりませんが)は海外通販で本物をどうぞ。ほとんど売り切れていますがカワイイですよ。

https://www.gromitunleashed.org.uk/

富岡市の住宅街にサルが出没!!

今朝(平成26年10月9日)、我が家の隣家に日本猿1匹を発見しました。

田舎なんだから、珍しくないでしょ?って思われるかもしれませんが、こんなことは私が知る限り初めてです。

変換 ~ IMG_9778 (2)

最近、富岡製糸場近くに猪が出たり、山から動物が降りてきているようですが、異常気象も続いていますし何やら大きな災害の前触れとかでないといいのですが、

柿でも食べに来たんでしょうか??

変換 ~ IMG_9781

それにしても、こうゆうのって市に報告した方がいいんですかね??

御嶽山噴火と傷害保険の支払いについて

【ケガの保険:噴火などの自然災害には天災危険補償特約が無いと支払われない可能性大】

最近の山ブームで、私の知人達も山歩きをする人が増加していますが、御嶽山の噴火では自然の脅威を目の当たりにし、改めて日本が火山国であることを思い知らされました。

このような状況下では危険度の高い場所へ近づかないのはもちろんの事ですが、噴火、地震、津波などの自然災害は通常の保険で不担保の場合が多いため、傷害保険へご加入なさる場合は災害時にも補償が適用される特約付保をお勧め致します。

ただ、今調べたら東京海上では加入前に引受できるかどうかを社員に確認するようエラーが出ています。
これは引受不可とは異なるものの、状況に応じて対応する危険度の高い特約となっているようです。
また、AIU保険会社では今のところ引き受け制限はありませんでした。
他社の同行や今後の事はわかりませんので先ずはご加入代理店へご相談下さい。

最後になりますが、被害に遭われた方とそのご家族へ心よりお見舞い申し上げます。

富岡製糸場の『うちわ』から見るコスト意識と官民の壁

6月に世界遺産登録された富岡製糸場、皆さんもう行かれましたか?

私は世界遺産化の2日前に初めて解説員さんの話を伺い、その後2回ほどお客様を連れて訪問、更に本日も長女が「こども解説員」になったので、その解説を聞きに行ってきました。

image

40日間で4回というのは富岡市民でも非常にハイペースで製糸場を訪れているクチでしょうね。

これだけ短期間に、それも通常の観光客ではない立場で訪れると、解説員さんや職員、関係者の努力や想い、そして問題点もよーく見えてくるもので、本日もその一端を目にしました。

(*この記事に書かれている事は3日後に関係者のみなさんの理解により解消されました。ありがとうございました。)

私が訪問した日は暑い日が多く、これまで涼を取るために丸いうちわをもらっていたのですが、これは表に富岡製糸場の様々な画像、裏は企業の広告になっており、富岡製糸場に理解のある企業さんが協賛して毎日7000人も来るお客さんの為に無料提供してくれたものです。

 

image

富岡市は今でこそ世界遺産に沸いていますが、行政としての実情は全国の地方自治体と同じく大変なもので、少子高齢化や財政難などの問題を抱えています。

ですから私はこのような企業スポンサーの力を借りたサービスについて、とてもいい流れだと思っていたのですが、本日、なんと富岡市が作った立派な柄付きうちわを入口で職員さんが手配りしているではありませんか!

企業スポンサーのついたものは東繭倉庫の中に山積みで、勝手にどうぞという状態です。

善意で協賛してくれた企業は、今後も富岡市のために尽力してくれるかもしれない大切な理解者です。

「広告だろ?」って思われるかもしれませんが、広告主は地元企業や○○株式会社群馬支店が大多数で、全国から来られるお客様に対しての広告効果が期待できるのは画像のマンナンライフさん位でしょう。

現実的には、ここに10万円使うなら従業員やお得意様に還元した方が有益であろう中で協賛してくださっていることを忘れてはいけません。

一方で『富岡市』と書かれた立派なうちわはいったいどこからお金を出して作った物なのでしょうか?

image

来場者へのサービスはわかりますが、民間が協力してくれているのに市が作る必要ありますか?

もしも何かの式典用だったとか、早い段階で作ったものが余っていたならスポンサーさんのうちわが無くなってしまった時に出せばいいのではないでしょうか?

また、柄付きの立派なものは不要ではないでしょうか?

丸うちわのデザインは8種くらいあり、お土産代わりに複数枚持ち帰る姿も見受けられました。手配りするなら丸うちわを配るべきではないでしょうか?

来場者へおもてなしの最初の行動として自社の名前がプリントされたうちわが手渡されるならば、協賛した企業の満足度は高いものになるはずで、次につながる可能性が高くなります。

一方で現状を知ってしまったら、もう次はないかもしれません。

ネットで調べた範囲ですが、両者には12円程の価格差があり、柄付きうちわの単価は2万枚以上作って25~30円程度しました(ネットの価格なので地元の印刷屋さんにデザインから丸投げしたらもっと高いかもしれません)

何れにしても丸うちわならば半分以下のコストで作れるわけです。

また、無料で配るなら白紙にして、スタンプラリーのような仕様にしても思い出になるのではないかと思います。

これならコストはさらに下がります。

 

小さなことに感じられるかもしれませんが民間の善意を行政が軽んじるのは最も愚かしい行為で、お役所仕事の最たるものだと私は思います。

観光客の皆さんはボランティア解説員さんのお話に感動して帰られますが、ボランティア頼みの中で行われるこのような無駄を皆さんはどう思いわれますか?

繰り返しますが、中傷しているわけではありません。問題提起しているのです。

 

製糸場近くの地元グルメ CO-JIRO

製糸場近くに仕事があったので、宮本町のCO-JIROでランチ

同級生のお兄ちゃんが製糸場が注目される10年も前からやってるお店で、メインは夜なんだと思いますが、昼も営業しております。

お客さんで溢れて座れなかったらどうしようかと思ったのですが、外を歩く大勢の観光客をよそに、無事座れましたσ(^_^;)

以前と変わらないメニューを変わらない値段で提供しているもんで、ランチタイムも私みたいな地元民が多いのかな?

前々から地元産の野菜や食材を使っているお店なんだから「富岡シルク定食」とか観光客向けキャッチなメニューにしちゃえば?と素人目には思うのですが、本日頂いたのはこちら。

Aランチ 赤城鶏の竜田揚げ1050円

image

世界遺産観光にいらっしゃる皆さん。富岡はこれと言った名物料理のない街です。

普通に感じてしまうかもしれませんが、生粋の富岡っ子が地元食材で作る富岡グルメを味わってみてはいかがでしょうか?

奇をてらったり、必要以上に田舎風にもなっていませんが美味しいですよ(^o^)

image

CO-JIRO

富岡市富岡1041
0274-64-5035

もうすぐ世界遺産!富岡製糸場へ行って来た

富岡生まれ富岡育ちでありながら、数回しか入った事の無い富岡製糸場ですが、いよいよ21日に世界遺産登録となりそうです。

私の周りでもお店を改装する人や新しい商品を売り出す人も出だして、みんなちゃんと準備してたんだなぁ、なんて感心していたら、ウチの娘が『こども解説員』やるって言うじゃないですか!?

これは激混みになってしまう前にパパもちゃんと見てこなくちゃ!という訳で行ってきました富岡製糸場!!

伊勢屋 お土産店

 袴の店員さん 古民家カフェ

近所に車を止めて少し歩いてみたのですが、古いお店はほんの数軒で、しばらく通らない内に知らないお店やお洒落なお店が増えたなぁ。

工事中の場所も沢山ありますから、これから賑やかになるんでしょうね。

 世界遺産前

製糸場入り口にはまだ『史跡 重要文化財』と書かれた看板が掛かっていましたが、21日に登録されたらこの看板も変わる事でしょう。そう考えると中々貴重な1枚。

チケット売り場の隣、検査人館には製糸場課が入っていて超忙しそう。

  現在は製糸場課の事務所 女工館

 和洋折衷これぞ和洋折衷

解説員さん 見学ツアー

今日の目的はボランティア解説員さんの話を聞く事だったので9:30からの回に参加、冗談を交えながらの楽しい話に40分があっという間でした。

大杉の一本柱

フランス積みじゃないよ
フランス積みじゃないのもあるって知ってた?

  『柱は杉の大木で妙義から切り出した』とか、『このレンガの積み方はフランス積みといい、瓦職人さんが作った』とか、

 窓 診療所

『日本で入手できなかったガラス等は全てフランスから運んだ』、『診療所が有り無料でフランス人医師の診察を受けられた』などなど、もっともっといい話が沢山ありましたので皆さんも富岡製糸場へ来るなら解説(無料)は必ず聞いてくださいね。

ブリュナ館2 ブリュナ館

繰糸場 倉庫裏 

西倉庫 飾り窓

展示所 売店

秤

富岡市のオススメスポット「一之宮貫前神社」

富岡市民が教えるオススメスポット2

第2弾にしてこんな有名どころというのも恐縮ですが、宮司さんに伺ったところさほど観光客は増えていないそうなので、観光客の皆さんは知らないのかもしれないと思って紹介ビデオを作りました。

一之宮貫前神社は境内が門より下にあって、一度上がって下がるというロケーションが珍しいそうですが、これはもともと参道が反対側にあり、北向きだったことが理由なのでそうです。
創建当時近畿との交流には富岡から北へ向かい磯部を通って松井田へ抜けるルートが一般的でした。物部氏がここより北に数キロ離れた現在の安中市鷺ノ宮に氏神を祭りその南方に社を定めたと伝えられていることからも、北向きだったことは間違いないようです。

ではなぜ今のように南から上がって下がる形になったのか、じつはこれ「近道」なんだとか。

由緒正しい神社ですからとてもちゃんとした理由があるのかと思ったら、神社の南側地域の人々が丘を迂回せずに丘を登って近道をしているうちに時代も変わり、南側が正門となった。

ということだそうな。(これは噂話ではなく宮司さんから伺った話です。)

こんなことどこにも書いてないでしょ?

富岡市ネタでクイズを作るときがあったらネタにしてください。

さて、個人的に見て感じていただきたいのは御祭神の姫大神と西暦531年建立という日本の創世記に当たる時代から続く物語です。

専門家ではありませんので詳しいことは割愛しますがこの地は綾女谷と呼ばれる土地だったそうで、富岡周辺では弥生時代の地層から紡錘車(糸をつむぐ道具)が多数発見されていることなどから、富岡製糸場ができるはるか昔から養蚕が盛んな地域であったことがわかります。

建立から100年の後には不思議な伝説を持つ「羊太夫」が力を持ち朝敵とされたり、平安時代には各地に生糸の市が立ち群馬県の生糸が都へ運ばれたとか。このようなことを子供のころに教わっていたら、きっと郷土の歴史についてもっと興味と誇りを持つことができたはず。

歴史の教科書には大和朝廷と近畿地方の事ばかりが書かれていますが東国に栄えた古の文化について、富岡製糸場とともにスポットが当たることを願っております。

*撮影にあたり宮司さんから許可をいただきました。観光で訪れるかたは撮影していい場所とダメな場所がありますので、ご注意ください。