生命保険料控除が24年から減額

税について調べる

国税庁の発表によると平成24年から生命保険料控除が減額されます。
昨今の年金問題を考えれば個人年金控除などの枠はむしろ広げて頂きたいのですが、目立たないところで国民生活はじりじり締め付けられますね。

簡単に説明すると月々の生命保険料が8,334円以上の方は、所得税の計算時に50,000円が所得控除される制度なのですが、これがなんと!

50,000円→40,000円に枠が減らされます。

さらに住民税の控除枠も

35,000円→28,000円に減額!!

 

具体例

具体的にどのくらい皆さんの生活に影響が出るのか計算すると、仮にご生命保険料が月々1万円、個人年金も月々1万円の場合

年収330-695万円までの方の場合、住民生を10%とすると。

23年中に加入なら27,000円が減税されるのに、24年からは21,600円になってしまう!!

つまり年間5,400円の増税と言うことになりますね。

 

『うわー、我が家は共働きなので1万円も増税するのか!!何でみんなもっと騒がないんだ?』

と思って調べたところ、23年年末までに加入している契約は今まで通りの控除枠とする規定のようです。

なるほど、旨く逃げたなぁ。

でも、この手の規定は忘れた頃にコロっと変わるんですよねー。私は全く安心できません。というか将来的にはこの控除枠自体無くなってしまうかも・・・。

 

個人年金も控除がある事を知らなかった皆さん。駆け込み契約は今がチャンスです!

お早めにご相談下さい。

 

*この件についてここではあえて難しく解説しませんでしたが、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm

 

勤労感謝の日

レゴで遊ぶ

 

夕べ三年生の娘が妻に内緒でこっそり相談してくれたのですが、

『23日は勤労感謝の日だからママはなんにもしないで座っていてもらって、私たちでお掃除とか、お料理とかしようよ』 ですって。

・・・『私たちで』という事は・・・パパを含めたママ以外のみんなでって事だよね?

それは、母の日に取っておいた方が良いとパパは思うんだけどなぁ。

ドラゴンボール

ドラゴンボール

先日見たできごと。

小さい男の子を連れた母親と、和服を着た楚々としたおばあさんが駅のホームで話していた。

会話内容からして、息子夫婦のところに姑が久しぶりに尋ねてきたらしい。

子供は照れているのか母親のかげに隠れ、ドラゴンボールの悟空のぬいぐるみをいじってばかりでおばあさんが話しかけても恥ずかしそうにするだけだった。

そしたらおばあさん、何を思ったか突然シャドウボクシングみたいな動きをしつつ子供のまわりを軽快に回りながら「オッス!オラババア!よろしくな!」と叫んだ。

その瞬間、私の横でベンチに座っていたサラリーマンが勢いよく鼻からコーヒーを吹き、目の前に置いてあったおばあさんのトランクをコーヒーと鼻水まみれにした。

おばあさんの突然の行動と、鼻水とコーヒーを垂らし咳き込みつつ謝りまくっているサラリーマンの姿に、母子含めた周囲は爆笑。

おばあさんは孫が笑っているのを見て嬉しかったのか快くサラリーマンを許し、なんか和やかな雰囲気で三人連れ立って去っていった。

 

・・・ネットで作者不明の笑える話を見つけ夫婦で爆笑しちゃいました。

コピーでスミマセンが笑って下さい。

ドラゴンボール

富岡の教育長問題その3

富岡市教育長が政治団体役員を務めるという法律違反に対して新しい動きがあったと新聞各社が報じました。

富岡市の宮前有光教育長が地方教育行政法で禁じられた政治団体役員を務めていた問題で、岡野光利市長は14日の市議会臨時議会で、提案予定だった宮前教育長の罷免議案を撤回する考えを明らかにした。
岡野市長は臨時会冒頭、市教育委員から罷免議案の撤回要請があったことを明かし、「(委員の)意向をくんで今後の解決を教育委員会に委ねたい」と撤回理由を説明した。
一方、宮前教育長は記者会見で「市民と関係者に迷惑をかけた。おわびしたい」と陳謝。その上で「今後も全力で教育行政に取り組んでいきたい」と述べ、辞任しない考えを表明した。【15日産経新聞】

あれれ?つまり市長は自分では何もしない事にしたのですね。

でも法律違反があったんですよ。なのに裁判所ではなく教育委員会に丸投げはないのではないでしょうか?

教育委員会が公務員を罷免する人事権(になるのかな?)を持つなんて、聞いたことがありません。(いや、教育委員会が決めたら市長が罷免するのか、でも今回の相手はその教育長ですよね)
なんだか無茶苦茶です。。

新聞記事だけではこの辺りの法的整理がどう行われるのか、また一度提出すると決めた罷免議案を撤回するに至った経緯に納得感が無く、なんだか重要なポイントが分かりませんが、こうなると教育長の方が腹が据わっていて、市長が何らかの決断を誤った(もしくは不利なことがあった)ような印象を外野は受けます。。
実態はどうだったのか、年末年始は市議会議員の皆さんにお会いする機会が増えるので聞いてみたいと思います。

 

ちなみに、これがOKということになると、富岡市では公務員の色々な違反がなし崩しにOKになってしまいますね。

まずは市議会議員や市長が役員を務める会社が市の仕事を請け負うとかね。

あっっ、だから市議会議員さんたちもOKしたのか!

とか言われる前に、どなたか説明して下さい。

 

*これまでの経緯は
富岡市教育長が法抵触
富岡市の教育長問題その2をご覧下さい。

保険会社に道義的な救済を求めますか?

3.11の震災では多くの方がその被害に遭われ保険会社各社もその対応に追われる中で、3月15日に生保協会が本来支払わないことになっている保険金の支払いを発表したことは私たち業界の人間以外にはあまり知られていない。

全ての生命保険会社、地震による免責条項等の不適用を決定
平成23年3月15日

今回の東北地方太平洋沖地震により被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
各生命保険会社では、被災されたお客様のご契約については、地震による免責条項等は適用せず、災害関係保険金・給付金の全額をお支払いすることを決定いたしましたのでお知らせいたします。

(※)一般的に、災害関係特約については約款上に、地震等による災害関係保険金・給付金を削減したり支払わない場合がある旨規定されていますが、今回はこれを適用せず災害関係保険金・給付金を全額お支払いすることを全ての生命保険会社から確認しております。

この決断は、保険会社が道義的責任を負う覚悟を、まさに行動で表したもので、支払いの累計は6月10日までの資料で818億8千5百万にのぼり現在も増え続けている。

上記が素晴らしい決断だったことに疑う余地はないが、この「道義的責任」をどこまで保険会社が負うべきなのか、一般企業である以上疑問を感じることもある。

企業の負担しきれない額を超えて無期限に払い続けることは出来ないし、時に行き過ぎた、耳障りの良い言い訳に「道義的責任」が持ち出されている事もあるのだ。

例えば自動車保険の年齢による保険料率は一見公平のようだが、実際にはそうとも言えない。

具体的には免許取得後間もない若いドライバーや高齢ドライバーの保険料をその事故率から適正に計算すると高くなりすぎるので、事故の少ない中年層の保険料から補填して格差を縮小くしている。
まるで公的年金である。

この説明を「保険料が高過ぎると無保険自動車が増える」「無保険自動車が増えると被害者が救済できない」、最後には「保険には道義的責任がある」とするのだが、つまり適正なリスクの引き受けという面では完全に矛盾している事は百も承知というわけだ。

しかし、こんな社会秩序の安定化というような大それた責任を、国民は保険会社に求めてはいるのだろうか?

求めているのは・・・・本来責任を果たすべき国なのだろうな。

 

ランチミーティング

ランチミーティングの様子23年11月その2

ほぼ毎月恒例のランチミーティング。

今回は東京海上日動のU社員を招いて来年からの改訂に関する問題点等について話し合いました。

ランチミーティングの様子23年11月  ランチミーティングの様子23年11月その2

単に知識研修なら保険会社の研修会に参加すれば済むのですが、全員が知識や事務所の方針を共有したい時にはランチミーティングが非常に有効。

良くお客様から「お母さんはもうお仕事してないの?」と聞かれるのですが、いえいえ、この通り。新しい改訂に関する勉強会にもちゃんと参加しております。(レストランで食事という人参をぶら下げられての参加ですが・・・笑)

美味しい食事を頂きながら和気藹々とした和やかな雰囲気のなか会議が進みました。

 

今回場所をお借りしたレストランは富岡市のユジェーヌさんで、2席から8席の個室4室のみという小さな南仏料理店です。

弊社のように仕事の話をする場合、社外秘の内容も含まれることから個室があるととても助かります。お料理も美味しくて大満足!

最近はお店の裏に畑を借りて野菜作りもしている,こだわりのお店ですので、皆様も是非ご利用下さい。

ユジェーヌ オーナー

https://bistroeugene.com/

電話  0274-62-5300

東京海上日動の新CMに感動

東京海上日動の新CM、もうご覧になって頂けましたか?

代理店にスポットを当てたドラマがとても嬉しい、本当に嬉しいCMでした。

一般のお客様には私たち代理店と保険会社の関係は分かりにくいかもしれませんが、簡単にいってしまえばメーカーと小売店のような関係で、情けない話ですが、私たち保険代理店の多くも社会構造の変化やインターネット、合理化の中でその「価値」を見失い、弊社も自信を失っていました。

そんな中で流れてきた東京海上の新CMは、お客様と向き合っている私たちの日常が、お客様にとって「保険の価値」であると伝えてくれました。

保険会社とお客様両方から「頼りにしてるよ」と言われた気持ちです。

30秒程度ですので、まだご覧になっていらっしゃらない方は是非ご覧になって下さい。

これが私たちの仕事です。

東京海上日動 保険の価値 ひとりじゃない 「保険の価値:ひとりじゃない」篇

東京海上日動 保険の価値 守りたいもの 「保険の価値:守りたいもの」篇