ウニッコ柄のグルミットを造ってみた

2ヶ月程前、香港に住む知人がインスタにUPした1枚の写真に衝撃を受けた!『マリメッコ犬!』って子供が好きなイギリスのクレイアニメ『ウォレスとグルミット』のグルミットじゃないですか!?

image

これは欲しい!とすぐにメールしたところチャリティオークション用で1mもある大きなものであることが判明、この他にも沢山あるけれどどれも落札価格は200万円以上!!とても手が出ないよ〜。

イギリスなら20cmくらいの小型のものが売っているんですが、ウニッコ柄はありません。

えーい、無いなら造ってしまえ!

と言う訳で、ウニッコ柄のグルミットを自作してみました。

フィギュア制作は初の試みで、安易に紙粘土細工感覚でスタートしたのがマズかった。

子供の頃に使っていたような重くて固くなる紙粘土って最近はあまり売っていなくて、ふわふわした軽いもので造って失敗。

乾燥したら縮むし歪むし全く求めていたクオリティに近づけません。

それではと固いものをネットで探して購入→また失敗。

きめが粗くて毛羽立つし、割れと歪みが・・。

調べてみるとフィギュア作家の皆さんは『石膏粘土』というものを使う事が判明。何種類かある中で入手が簡単だったバジコというメーカーの『プレミックス』を購入し、ようやくスタートラインに着いたのでした。

 

①先ずは手本を採寸

image

②パーツごとに図面を書いて、芯をアルミ線で造ります。
パーツが大きい時は発泡スチロール芯にアルミ線を巻きました。

image

③芯に粘土を盛る。

粘土は初めから厚くせず芯を隠す程度にしておくと歪まないし修正が楽なような気がします。

image

④修正

乾燥した粘土の修正はカッターとサンドペーパー。この粘土の素晴らしいのはカッターでガンガン切れる!削りカスを集めて水を加えると再生利用できること!ほとんど無駄にならないし、粘土を足す時の食いつきもよく何度でもやり直せます。

⑤接合

乾燥→修正→盛り→乾燥を何度も繰り返し、ほぼ完璧な状態にしたら各部を繋げます。接合部に芯穴を開けて接着面に水をつけ、削りかすを融いたペーストを糊代わりして接着。

image image image image

接合部の段差をならして全体にペーパーをかけたら、凄くいい!

もうこれで完成にしちゃおうかってくらい、いい感じ!(と自画自賛)ここまで苦労したもんなー。

⑥コーティング

塗装に入る前に石膏の表面をコーティングします。

クロスクレイという液状粘土に15%ほどボンドを加えて塗ると、一旦ザラザラになりますが、乾いた後で磨くと小傷が埋って表面のキメが整い固く水に溶けづらくなりました。

image

⑦塗装

いよいよアクリルガッシュで色塗りをします。

ベースも真っ白だし、白を塗る必要は無いみたいだったけど、ペーパーのかけ過ぎで一部石膏粘土が出て来ちゃったので、全体を先ずは真っ白にペイントしました。

白は気楽にぬれましたが、それ以外は下絵も無い一発勝負なので緊張するな〜。

image image

⑧ニス塗り

image 塗付前

マットな感じも良かったのですが、マリメッコのマグカップと揃えたかったので石膏用の厚塗りニスを塗りったら完成です!

image2度塗り後

なんだかんだで2ヶ月も掛かりましたが 大!大!満足!

image

いやー楽しかった。

 

欲しい人(がいるかどうか分かりませんが)は海外通販で本物をどうぞ。ほとんど売り切れていますがカワイイですよ。

https://www.gromitunleashed.org.uk/

もうすぐ世界遺産!富岡製糸場へ行って来た

富岡生まれ富岡育ちでありながら、数回しか入った事の無い富岡製糸場ですが、いよいよ21日に世界遺産登録となりそうです。

私の周りでもお店を改装する人や新しい商品を売り出す人も出だして、みんなちゃんと準備してたんだなぁ、なんて感心していたら、ウチの娘が『こども解説員』やるって言うじゃないですか!?

これは激混みになってしまう前にパパもちゃんと見てこなくちゃ!という訳で行ってきました富岡製糸場!!

伊勢屋 お土産店

 袴の店員さん 古民家カフェ

近所に車を止めて少し歩いてみたのですが、古いお店はほんの数軒で、しばらく通らない内に知らないお店やお洒落なお店が増えたなぁ。

工事中の場所も沢山ありますから、これから賑やかになるんでしょうね。

 世界遺産前

製糸場入り口にはまだ『史跡 重要文化財』と書かれた看板が掛かっていましたが、21日に登録されたらこの看板も変わる事でしょう。そう考えると中々貴重な1枚。

チケット売り場の隣、検査人館には製糸場課が入っていて超忙しそう。

  現在は製糸場課の事務所 女工館

 和洋折衷これぞ和洋折衷

解説員さん 見学ツアー

今日の目的はボランティア解説員さんの話を聞く事だったので9:30からの回に参加、冗談を交えながらの楽しい話に40分があっという間でした。

大杉の一本柱

フランス積みじゃないよ
フランス積みじゃないのもあるって知ってた?

  『柱は杉の大木で妙義から切り出した』とか、『このレンガの積み方はフランス積みといい、瓦職人さんが作った』とか、

 窓 診療所

『日本で入手できなかったガラス等は全てフランスから運んだ』、『診療所が有り無料でフランス人医師の診察を受けられた』などなど、もっともっといい話が沢山ありましたので皆さんも富岡製糸場へ来るなら解説(無料)は必ず聞いてくださいね。

ブリュナ館2 ブリュナ館

繰糸場 倉庫裏 

西倉庫 飾り窓

展示所 売店

秤

Another sky

西洋と東洋が混ざった多国籍なこの街で、どんな時間を過ごすかはあなた次第。

カジノもいいけど僕は断然こっち。

『何しに行くの?』ってよく聞かれるけど、説明が難しい。

 

夜のカフェテラス-2casa_de_tapas-2

ここはマカオ

僕のアナザースカイ

この他のマカオの画像はこちら 

ロフトへのはしご代わりにクライミングウォールを自作

以前から使っていないロフトへ上がりたいと子供に言われていたのですが、梯子や階段をつける事をどうしても決断できず、いろいろ考えたあげくクライミングウォールを作ってそれを梯子代わりにする事にしました。

どのみち子供の遊びのために付ける訳ですし、どんなに安くても梯子(跳ね上げ式)だど4万円くらいはなんだかんだとかかりそうだと思ったら、同じ予算内でもっと面白い方法ないかな?って

はじめに考えたのは『滑り台』。これは予算もスペースも無理でした。。

次は『縄バシゴ』。どれも非常用でリビングに合う物が無い。。

で、思いついたのがクライミングのホールド!調べてみたら、子供用のセットでとても可愛いカラフルなものがあるじゃないですか!

atomik 24 キッズ クライミング ホールド “ロフトへのはしご代わりにクライミングウォールを自作” の続きを読む

ノートパソコン作りました。

新しいMac Book Air

想像以上の軽さがさらに軽く

新しいAirは空気のように軽く、バッテリーは無限大

有害な電磁波も一切発生しません。

 

 

なんちゃって、子供と一緒に作ったダンボールのノートパソコン。

枠は私が、キーボードの貼り付けは子供たちの合作です。

作業時間は2台で1時間。もちろん図面なんてなし。

ちゃんと開閉するし、いい感じでしょ? (^ ^)

 

蕎麦屋にて

西富岡駅のすぐ脇に、もう何十年も前から変わらぬ佇まいで営業している老舗の蕎麦屋さんがある。

ウチの親父が富岡で一番という『おおてや』さんは、外回りの営業にこよなく愛され、昼時は相席あたりまえ。

銀行マンや営業達のチョットした社交場と化す、男達の店だ。

今日は午前中から暑くて暑くて、普段ならラーメンやパスタというところだが、自然と足が向いてしまった。

“蕎麦屋にて” の続きを読む